Author Archives: Butt

介護や片付けで手を抜く、頑張り過ぎないことも大事

介護や実家の片付けをすることに必要以上に張り切りすぎないないことが最後まで心が折れずにやり遂げるコツではないでしょうか。
どうしても介護や実家の片付けをしている時には悲壮感を持ちすぎる方が少なくありません。
でも、それでは最後まで続かないのです。
介護も実家の片付けも長期戦のマラソンです。
一朝一夕には終わりません。
だからこそ自分をリフレッシュする時間も時には必要なことも忘れないでください。
頑張りすぎて余りの自己犠牲の精神に疲れ果ててしまっては元も子もありませんから、自分をリフレッシュする時間やその方法を予め考えておくべきです。

頑張りすぎるkぁ囲碁や実家の片付けはすぐに相手に伝わりあmす。
ついついイライラしながら介護していると親は敏感にそれを感じ取ります。
自分の身体すら自由に動かない親からすれば、子供の世話になっていることだけで罪悪感を感じているのに、その子供がイライラしていてはさらに罪悪感は大きくいなってしまいます。
それは時に大きな親子喧嘩にもなりかねません。
実家の片付けで他の兄弟たちとの足並みがなかなかそろわずについついイタイラさひてしまっては兄弟仲がギクシャクしてしまいあmす。

①介護や実家の片付けしている期間中でも自分の時間を作ることに罪悪感を感じる必要はありません。
②自分の好きなことを楽しむ時間があることでより良い介護や実家の片付けができる。
③食事の介助やおむつおお世話だけが介護じゃなりません。ただだまって一緒に寄り添ってあげているだけでも立派な介護です。

頑張りすぎる介護ユア実家の片付けはいつか家族との間に不協和音が起こしがちです。
手を抜ける所はしっかり手を抜いて頑張り過ぎない
それもとても大切なことなんです。
心の余裕があってこそ
介護も実家の片付けもできるのです。
あなたは最近自分の笑顔を見たことがありますか?
見せたことがありますか?
ちょっと怖い表情になっていませんか?
一度 振り返って鏡を見てみませんか?
実家 ピアノ 処分

行動計画は最低1週間単位でスケジュールは立てなさい

手帳に計画をかき込む方は多いですが、おちもそれは場当たり的な予定表ではないですか?
手帳でスケジュール管理をする時は俯瞰的な観点もすごく大事なんです。
今週はどんな計画が入っているのか?
そんな観点からある程度見通しが立っていれば
「今週は火曜日と水曜日が少しタイトな予定だから木曜日はできるだけ開けておいちゃ法がいいな」
なんていう計画が立てれます。
そんな余裕があればこそうまくプロジェクトが回っていきます。
なぜなら予定通りに順調にプロジェクトが進む方こそスクなデス方ね。
なんらかのアクシデントでプロジェクトが遅れて後の仕事に悪影響が出ることはよくあることです。
また、いつもいつも全力疾走しているようなスケジュール計画を立てるといつかこころとからだがひめいをあげてしまいうあmす。
頑張る時は一生懸命頑張る
でも、休める時は少しギアを落としてゆっくりとする。
そんなメリハリが結局は多くの仕事こなすコツでもあります。

もしかしたら毎日毎日その場限りのスケジュールを手帳に書き込んでいませんか?
できればマンスリーの月単位
それが無理なら最低でもウィークリーの週単位でスケジュールは組んで欲しものです。
一日単位でのスケジュール計画ではいつかその無理がどこかで大きな破綻を及ぼします。
ひとつの仕事の遅れが次の仕事や今の仕事をやっつけ仕事にして評価を下げることもあります。
ひとつひとつの仕事を着実にこなうsことこそ信用の蓄積になります。
信用は築くのは時間がかかりますが、信用を失うのはたった一度のミスで簡単になくなります。
それを防ぐ意味でも、ひうつひとつの仕事は着実にミスなくこなさないといいけないのです。

私もよく失敗するので大きなことは言えないのですが、予定通りにできることとは限らないのがビジネスです。
急な計画変更などはビジネスではよくあることで、その変更が次の仕事にも遅れを出してしまうものです。

週単位で予定を立てると、意外と何か仕事の遅れがありそうな時に備えて予備の時間を組み入れることが可能になります。
ラボット 高齢者 見守り

稼げる?そう感じたら即行動

30歳目前で初めて勤めた会社を退職したときのこと
なにも大金持ちになんてなるつもりはない
でも、お金には何不自由なく使えるようにはなりたい
そんな漠然とした思いを持ち続けていた20代でした。
ところがその時はまだ
「自分に何ができるのか?
「自分が何がしたいのか?」
全く白紙の状態でした。
外の気はまだ両親も健在おでしたし、実家暮らしでしたから幸いにもすぐに路頭に迷うということでもありません出wした。
けれど、自分が目標に向かって何か努力をしているのか?と言われれば完全にノーではありました。

実は私はこの時まで一度も「自分を見つめ直す」なんてしたことはしたことがなかったのです。

恥ずかしながら自分で自分を見つめ直すことに初めて茶kすしました。
しかし、恥ずかしながら
自分のやりたいこと
がまるっきりひとつも思い浮かびませんでした。

そこで、ある方にこんなアドバイスをもらいました。

「やりたいことが見つからないのなら、やりたくないことから探してみれば」

そんなアドバイスをもらった私はまず「絶対ウにやりたくない」ことから探し始めました。

やりたくないこと・・・
これならいくらでも出でてきます。
ある程度、まとまったところでその「うやりたくないこと」を見つめ直しました。

するとなにかしらの方向性が見えてきます。

やりたくないことを実現するには、最終的にはお金が本当に重要な問題になってきます。
やりたくないことをやらずにお金を稼ぐにはどうすればいいのか?
そんな観点からみると意外と「やりたいこよ」がおぼろげながら見えてくるものです。
しかし、まだまだ思い付きの段階です。
それが正しいのか?間違ているのか?
やってみないと分かりあm線。
ここで悶々としているだけでは何も解決には至りません。

これでこんなことをやったら稼げるのかな?
そう思いついたことは即行動です。
不思議なことにそう考えながら街を歩くとそれに関係する情報がどんどん目に留まるようになってきます。
少しでもピンと来たら即行動してみましょう。
そうすれば早く知っパ押して、早く軌道修正ができるのです。
ポケットワーク 口コミ

30代40代で起こる耳のトラブルは10代20代の時のツケ

イヤホンやヘッドホンでガンガン大音量の音楽を聴いている若者はもう今や溢れかえっています。
彼らに声をかけても呼び止めてもきっと振り向くことはないでしょう。
なぜなら彼らの利いている音楽の音量は平均80デシベルです。
これって強大なジェット機が発着するク空港の想損レベルなんです。
こんな大音量ので長時間にわたって音楽を言きいていると私たちの耳がいつ変調を起こしてもおかしくないのです。
今や難聴は高齢者だけの時代ではないのです。
ある人は声府が聞き取りにくくなり電話に出るのが億劫になったそうです。
ある人は会議の最中、遠くの席の人の発言が聞き取りにくくなってしまいました。
ある日とは第スクなカラオケのイントロがよくわからなくなってしまった
そんな人も増えてきているのです。
さらにまわりの人からは
・テレビの音が大きすぎる
・いちいち聞き返してきてうっとうしい
・聞こえないふりをしている
と迷惑をかけていることにも気づいてください。

まず耳の変調の兆候の第一段階として耳鳴りがあります。
そんな時に多くに人は
「あれも耳が遠くなってきたのかな」
「歳だからしょうがない」
と放置してしまいがちです。
しかし聞こえが悪くなるのは本当に加齢のせいだけでしょうか?
50代で聞こえにくくなる人がいる一方で80代、90代でもよく聴こえる人もいます。
年齢に関係ないとすれば「耳の聞こえ」のトラブルはなぜ起こるのでしょうか。
原因にはいくつかありますが、「イヤホン」「ヘッドフォン」の常用もその原因の一つといわれています。

音というものは音波と言われるように空気の振動です。
耳元で大きな大きな音が鳴っているということは、その奥にある神経細胞を傷つけているのと同じなんです。
大きな音が鼓膜を直撃すると、鼓膜も疲弊しその奥御神経細胞jも傷ついているんですよ。

今は10代20代である人たちがイヤホンやヘッドフォンで大音量の音楽を聴き続けていると、いずれ30代40代50代になってそのツケが回ってきます。
働き盛り、社会的責任が重くなってきた時に「あれ?なんか聞こえにくい?」そんなことにならないように気を付けてください。

オリーブスマートイヤー 口コミ