Author Archives: Gabba

金相場と金の買取について

金相場とは、国際市場において取引される際の値段(価格)です。
金も外国為替などと同じように休むことなく常に変動しています。

金の世界4大市場として、ロンドン、ニューヨーク、香港、チューリッヒ市場が有名ですが、東京やシドニー、シンガポールなどにも金の大きな市場はあり、こういった複数の市場で金の相場が決まっていきます。
具体的には、国際日付変更線に近い国から時差を追って金相場は各市場に受け継がれます。世界の主な取引市場を順に並べるとシドニー、東京、香港、シンガポール、チューリッヒ、パリ、ロンドン、ニューヨークといった順番になります。

その中で、ロンドンとニューヨークは「金の2大市場」と言われており、ロンドン市場では金と現金を交換する現物取引が行われています。毎日午前と午後のそれぞれ1回ずつ(計2回)、LBMA(ロンドン貴金属市場協会)が値決めをしており、その価格が金の現物取引の国際的な標準となっています。

一方、ニューヨーク市場では価格の決まっていない将来の金の取引を約束する先物取引が行われており、ここで公開された相場は国際経済の指標として用いられることもあり、ニューヨーク市場が閉まった後に開かれる東京市場の金相場にも影響を及ぼします。

そして、ロンドンで決められる現物取引の金相場は、ニューヨークの先物取引の金相場に影響を与えるなど、その逆はもちろんのこと、複数の金市場が相互に影響を受けながら国際的な金相場が決まっていきます。

このような相場の影響を受けて、金は価格が変動します。

よって当然ですが、金相場が高い時に売却して、金相場が低い時に金を購入するのが賢い方法とされています。
ここ、数年の間、特にコロナが流行して以降、特に金相場の変動が激しくなりました。

金相場の価格が高騰を続け、話題に上がる機会も多くなったように思えます。

「有事の金」とも呼ばれる安全資産「金(GOLD)」の相場が上昇する背景には、先行きの見えない不安定要素が大きく影響を及ぼしていると言われています。

また、近年は、米中貿易摩擦や先進国をはじめとする超低金利の金融緩和政策など経済面において、地球温暖化や気候変動による自然災害や新型のウイルス発生など環境・衛生面において、世界は不安定な情勢が続いています。そして、その警戒感から「有事の金」が注目され、「金相場」は高値で推移しています。

金を資産として購入する流れが大きくなるほど、金の価格は増大していきます。
不安定な情勢が恐怖心を煽り、安定資産である金を購入する要因になります。
不安定な情勢が金の高騰の要因になるのはこのような理由があるためです。

金歯 価値

ブランド品の買取は宅配買取がオススメ

昨今、コロナの影響で外に出歩くことも少なくなってきました。

最近では、また新たに緊急事態宣言も発令されて、より外に出ることが危ない風潮になっています。

こんな時代だからこそ、少しでも家に中にある不用品を売って、生活費の足しにしたいと思いますが、なかなかコロナの影響で買取店に出向くのも億劫です。

しかし、売りたいものがあるのに、ものを売りに行けないのは辛いですよね…。

そんな時にぜひ利用していきたいのが、宅配買取という制度です。

宅配買取とは、自宅にいながらも、買取店や質屋と連絡を取り合って、売りたい商品を相手方に送り、買取店側で査定、買取、入金を行うというものです。

以前から、自宅の近くに買取を行ってくれる店がない、出張買取で知らない人間を家にあげるのが怖いということで需要があった買取方法ですが、ここ最近、コロナの爆発的流行で、宅配買取が最注目されることになりました。

また、LINE査定やZOOM査定など、非対面の査定を用いて、金額を提示して宅配買取を行うという新しい方法で宅配買取に取り組む業者様があったり、実店舗を持たず、非対面査定と宅配買取だけで買取を行う業者様などが出てきたりなど様々です。

宅配買取に向いている商材などもあります。

宅配買取に向いている商材は、ブランド品、貴金属、酒、骨董などです。

特に、ブランド品や貴金属といったわかりやすく金額がつき、かつ高額になるものは買取よりも宅配買取を利用するのがお得です。

また、酒、骨董などは重量があるため、わざわざ、買取店まで持っていくのも億劫だと思いますから、宅配買取を利用することは賢い選択です。

逆に切手や古銭などは宅配買取よりも実際目の前で査定してもらった方が、枚数計算などごまかしがきかないのでオススメです。

今では、どの買取店や質屋でも宅配買取は取り入れられており、時代の流れから、どのお店も相当に力を入れています。

それらを踏まえて、よく吟味して利用してみると良いと思います。

鶴見区 貴金属 買取