Author Archives: Holzenbein

釧路の飲食店について

最近釧路ではいろんな飲食店がコロナの影響で閉店してますが、
その反面では、かなりの数の他業種企業の飲食店出店が多くなってます。

これについては正直何とも言えない状況ですが、多分飲食店は原価が3割みたいな意味不明な儲かるような甘い話だと思っているんだと思います。
しかし現実は違います。
あの有名なビックリドンキーというハンバーグレストランでさえ、チェーン展開してるのにも関わらずに、原価率60%以上だと聞いたことがあります。
これには私もビックリドンキーだけにビックリしました。

外食チェーン=激安原価
というわけではないようです。
良く例に上がるのが回転寿司ですが、正直原価はかなり高いようです。
75%を超えるものも多いようですが、実際の飲食店や個人事業の飲食店はどのような感じなのでしょうか?
結論から言うと50%以下の原価が当たり前になってます。
正直言うとこれを超えてしまうと生活苦になってしまうからです。
僕もいろんなサイトやお店を食べ歩きしてる経験からいえば、
釧路居酒屋は他の地域の飲食店よりも味も質もレベルが高いんじゃないかな?と思ってます。
しかし、炉端や高級的な謳い文句で高い店も多いのも現実です。
そこで私がいろんなところ食べ歩いてレビューするサイトを作成したのですが、正直行く店がいっぱいあって困るぐらいです。
居酒屋なのにジビエ料理を出してくるお店もありますし、普通なら都会であれば1万以上のコースを3500円でフルコースを出すフレンチレストランや、石窯ピザを1000円で出すお店もあります。
もしかするとそれだけ釧路市は不景気なのかもしれません。
日本製紙の釧路工場撤退をうけて、3000世帯の生活影響が出ると言われます。
コロナの影響で飲食店が困るということは漁業関係に関わる市場や畜産系なども大打撃です。
この状況を考えると釧路の居酒屋も大打撃ですし、観光客も減ってしまってるようです。そのため美味しいお店が閉店してしまったり、味のある店主の居酒屋の閉店も目立ちます。
なんだかんだ言ってもこれからのコロナ後の不景気は続くのかもしれませんが、できるだけ美味しい飲食店は残ってほしいと思ってます。