努力すればするほど成功しないという矛盾

子供のころから教えられてきたこと。
それはなにかも目標に向かて努力すること
「努力は必ず報われる」
「努力は裏切らない」
そう教え込まれてきた私たちには
「努力すればするほど成功から遠ざかる」
と言われてらとても信じられないですよね。
「努力こそが成功の近道
そう信じられるからこそできr8ウのが努力です。

もちろん成功してお金持ちになった人は、努力なんてしないで好き勝手にやってきたという訳ではありません。
みなさん、人並み以上の努力をしてきたからこそ成功してお金持ちになっているのは間違いありません。
便人お人からすればそれはとてつもないほどの努力だったと言えます。
それであえて「努力は無駄:といえるのは、一般亭に言う「努力」はもはや意味をなさない時代だからです。
どいういうことかといえば、ただ努力すれば成功できる時代はもう終わったと言えるからです。
例えば
毎朝誰より早く出社し
毎晩遅くまで残業する
そんな努力の塊のような人がいたとします。

かたや
定時にに出社し
定時に鵜さっさと帰る
そんな人がいたとします。
努力が人を裏切らないのであれば、いわゆる前者モーレツサラリーマンが成功しているはずです。
社内でも朝早くに出社して夜遅くまで残業して頑張っている人ほど評価は高まるはずです。
しかし、現実にいはそうとは限りません。

今は結果が全てです。
成果が上がって初めてその働き方が正解であると言えるのです。
成果が上がらなければ
たとえ毎朝早くに出社し、毎晩遅くまでざんぎょいうしていても、それは無駄なことだと評価されるのです。

しんな努力をすることよりも
「成果を上げるための働き方とpは?」
そんなことを最優先して考えて行動しなければなりません。
多くの方が未だに「時間」という尺度で自分の努力を判定しています。
しかし、今は「結果」が尺度なんです。
ですから、必ずしも努力が報われる時代ではありません。
そういう人こそ今までの行動や働き方を見直して、いかに効率的に結果を残せるかを考える時代なのです。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です