美容にストレスは大敵!綺麗でいたいなら心は穏やかに

美容にストレスは対的なことはしhられています。
そもそもストレスがたまると身体が酸化することがわかっています。
なによりイライラしていてはその表情もきつくなり綺麗でいられなくなりますからね。

この美容に隊的なストレスを減らしていくのは物事に対する考え方、つまり思考法も大きく影響しあmす。
そこでいつも綺麗でいたい人のための思考法をご紹介します。

①人生で起こることに無駄なことはひとつもない
良いことがあればテンションが上がり、悪いことが起こればテンションが下がる。
これは当たり前のことです。
でも一見望んでいなかった嫌なことが起こっても、後から考えてみるとそれが決して悪いことではなかったということが多いのです。
若い頃委の失敗は人生に肥やしとなります。
失恋したことは辛い経験だけれども、そのおかげで今の素敵な人と巡り会えたのだから決して悪いことではなかったはずです。
今から考えれば「どうしてあんなダメ男にいれあげていたのか?」
そんな笑い話にもできます。

②「あること」と「ないこと」の区別

物事をはっきりさせずに曖昧なまま、勝手に自分の推測で行動すると無駄足なることがほとんどです。
そんなことに時間を使うことが、ストレスをため込むことになります。
人はあえてあいまいにしておきたいことも少なくありません。
例えば好きな人がいても「告白できない」としjます。
「わたしなんてぜ帯に振られるに決まっている」
そんな府に自分で勝手に決めつけて無駄な時間を過ごしているのです。
告白してフラれれば、すyぐに次の恋にも進むことができます。
告白して鵜m無くいけば、幸せな恋が始まります。
いずれにしても、うだうだ悩んでいても仕方ないのです。

はっきりできることはは斬りさせる。
これがストレスを溜めないコツです。

③考え方次第でストレスは減らすことができる
考え方によって短期的にはストレスがかかることもありあmすが、それは長期的視点に立てばトータルのストレスを減らすことができます。
ですから、綺麗でいたいなら美容に大敵なストレスを溜めない考え方を実践しましょう。
イビサクリーム ビフォーアフター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です