studio US動画編集の楽しさとは?

studio USは動画編集スキルをマスターするためのオンラインスクールです。多くの方は自分のキャリアアップやフリーランスという仕事に生かすために動画編集というスキルに興味を持たれることでしょう。しかし、どうせstudio USで動画編集を学ぶなら楽しみながら覚えましょう。

studio US動画編集の楽しさ1,場面転換

動画編集の基本は素材となる動画から不用な部分を切り取って繋ぎ合わせることから始まります。これを「カット編集」と呼びます。この時、動画内の時間軸は当然断たれるわけですから、そのままつなぎ合わせると不自然は違和感を感じますよね。そこで使われる手法が「場面切り替え」(トランジション)と呼ばれるものです。トランジションには様々な方法があります。代表的なものだけでも「オーバーラップ」「ワイプ」「フェードイン・フェードアウト」「クロスディゾルブ」「ページターン」「アイリス」といった多くの手法があるのです。動画編集の楽しさの一つは、このトランジションを駆使して、いかに自然な流れで場面転換を見せるか?だと思います。現在は、デジタル技術の進歩により、動画編集ソフトを使えば家庭のパソコンでもこのトランジションを楽しめます。アナログの頃は映像加工用の機器が安くても乗用車一台分ほどの値段がしたので、家庭で動画編集を綺麗に仕上げるなんて言うことは夢のまた夢だったのです。現在では、家庭のPCでトランジションができるので、動画編集スキルを学ぶ際には、カット編集と共に楽しみながら覚えてください。

studio US動画編集の楽しさ2,BGM

動画編集の楽しさの二つ目は「BGM」と「効果音」の挿入です。youtubeのゲーム実況動画などを見ていると、編集により様々なBGMや効果音が挿入されています。この動画編集におけるBGMの効果は計り知れないものがあります。同じ場面でも使うBGMによっては感動的なシーンになったり、逆にギャグシーンになったりもします。このBGMによる効果を一番に実感するのは、結婚披露宴を撮影したビデオではないでしょうか?新郎新婦の思い出の曲をバックに流し、披露宴のクライマックスでは感動的な音楽で盛り上げる!こういった演出で、結婚式の参加者に喜んでもらうのも、動画編集者の楽しみの一つです。こうして自分でも楽しみながら、周りの人からも喜んでもらえる動画編集スキルをstudio USで身に付けてください。studio US動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です