【シップの副作用】夏に気を付けて欲しい薬とは

 

春から夏にかけて紫外線が強くなる季節には、気を付けなければならない薬がいくつかあります。

その中でも、多くの人が副作用をあまり気にしないと思われる薬が、「シップ」です。

 

シップにも副作用があります

 

シップも医薬品である以上、使ったらいけない人や使わないほうがいい人、使用する上で注意すべきことがあります。

それについては通常、処方された病院・薬局や、購入したドラッグストアで説明を受けるはずです。

しかしこれが受け取った本人・購入した人以外の人が使用した場合、使用上の注意を読まずに安易に使用して、副作用が起きてしまう場合があるのです。

 

例えば、おばあちゃんが「病院でもらったシップをスポーツをしている孫に分けてあげた」とか、「自分が買ったシップが腰痛によく効いたので膝の痛い友達に分けてあげた」というのは、珍しくありません。

 

春~夏は特に気を付けて欲しい「ケトプロフェンの光線過敏症」

「ケトプロフェン」という成分を含んでいるシップを貼ったあとに、その成分が皮膚に残り、そこに紫外線が当たることによって発赤やかゆみ、水疱がでることがあります。

これが、光線過敏症です。

 

ケトプロフェンが含まれているシップは、「モーラス」「ミルタックス」などがあります。

これらは、袋の後ろ側に光線過敏症に対する注意書きが書かれているので、ご覧になったことがある方も多いでしょう。

 

よくある勘違いが、「シップは夜に貼って朝にはがしているから、昼間に紫外線を浴びても問題ないだろう」ということです。

しかし、ケトプロフェンは4週間ほど皮膚に残り、シップをはがしたあとも貼付部位を日光に当てないように注意する必要があります。

そして、薄い色の衣服では紫外線が透過する恐れがあるので、色の濃い服で貼付部位を覆っておかなくてはなりません。

 

日焼け止めの成分にも注意

 

そして、このシップを使う場合の日焼け止めでは、「オキシベンゾン」「オクトクレリン」という成分を含まないものを使用してください

これらは紫外線吸収剤として日焼け止めに含まれるものですが、ケトプロフェンと交叉感作性を有しており、光線過敏症を引き起こすことがあるからです。アラフィフ 薬剤師 ブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です