実家の片付けこそが究極のバリアフリーである

バリアフリーが注目されて久しいですが、なにもわざわざバリアフリー工事をする必要はありません。
実家の片付けこそ究極のバリアフリーじゃないかな?
と私は考えています。

確かに高齢者の転倒防止に効果的なのがバリアフリーですが実家の片付けもそれにおとるものではありません。
バリアフリーといえば
・部屋と部屋との段差
・お風呂場と脱衣所
・トレの段差
そんな場所はどうしても高齢者自身も不安定な体制になりがちなので転しやすく危険な場所でもあります。

例えば
部屋と部屋との段差には段差緩衝材を取り付けたり
お風呂やトイレにはすのこなどを置いて段差をなくしたり」
いろいろな工夫ができます。
ただそんなバリアフリーは段差の解消だけではありあm線。
高齢の親が通る場所はそこだkではないからです。
実家の床にものが散乱していてはいつ転倒してもおかしくありません。

床に物を置かないb
実家にある物を片付ける
それがお金を書けない究極のバリアフリー工事でもあります・

①部屋と部屋との段差、トイレの段差などつまずいたり、体勢が不安定な場所は改善を考える。
※段差解消座位安の子など
②部屋が片付いていることこそ究極のバリアフリーであることを理解する。

わざわざ大きなお金をかけてバリアフリー工事のリフォームをすることよりも実家の片付けを考えてみませんkじゃ?
いくらバリアフリー工事をしても、ものの数か月で元のモノで散乱した実家に戻ってしまっては意味がありません。
実家が昭和に建てられたものならばあまりバリアフリーのことなど考えて建てられてはいません。
だからこそ今のうちに対策を考えておくべきです。
高齢の親が転倒して骨折した後では後悔してもしきれません。
今のうちにできるだけのことはしておきましょう。
まさに「転ばぬ先の杖」なのです。

若いあなたならなんでもないわずかな段差でも、足が自由に動かない高齢の親にはとても危険な段差なのです。
そのあたりの認識はきちんとしておいてください。
実家 空き家 どうする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です