介護や片付けで手を抜く、頑張り過ぎないことも大事

介護や実家の片付けをすることに必要以上に張り切りすぎないないことが最後まで心が折れずにやり遂げるコツではないでしょうか。
どうしても介護や実家の片付けをしている時には悲壮感を持ちすぎる方が少なくありません。
でも、それでは最後まで続かないのです。
介護も実家の片付けも長期戦のマラソンです。
一朝一夕には終わりません。
だからこそ自分をリフレッシュする時間も時には必要なことも忘れないでください。
頑張りすぎて余りの自己犠牲の精神に疲れ果ててしまっては元も子もありませんから、自分をリフレッシュする時間やその方法を予め考えておくべきです。

頑張りすぎるkぁ囲碁や実家の片付けはすぐに相手に伝わりあmす。
ついついイライラしながら介護していると親は敏感にそれを感じ取ります。
自分の身体すら自由に動かない親からすれば、子供の世話になっていることだけで罪悪感を感じているのに、その子供がイライラしていてはさらに罪悪感は大きくいなってしまいます。
それは時に大きな親子喧嘩にもなりかねません。
実家の片付けで他の兄弟たちとの足並みがなかなかそろわずについついイタイラさひてしまっては兄弟仲がギクシャクしてしまいあmす。

①介護や実家の片付けしている期間中でも自分の時間を作ることに罪悪感を感じる必要はありません。
②自分の好きなことを楽しむ時間があることでより良い介護や実家の片付けができる。
③食事の介助やおむつおお世話だけが介護じゃなりません。ただだまって一緒に寄り添ってあげているだけでも立派な介護です。

頑張りすぎる介護ユア実家の片付けはいつか家族との間に不協和音が起こしがちです。
手を抜ける所はしっかり手を抜いて頑張り過ぎない
それもとても大切なことなんです。
心の余裕があってこそ
介護も実家の片付けもできるのです。
あなたは最近自分の笑顔を見たことがありますか?
見せたことがありますか?
ちょっと怖い表情になっていませんか?
一度 振り返って鏡を見てみませんか?

介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です