仕事辞めたいと思う理由

近頃、よく仕事を辞めたいと思うことが多くなった。

おそらく、どの職種でもメリットやデメリットは存在するだろうし、それぞれ独自の「あるある」みたいなものが存在するはずだ。

そういったものに悩む人も多いのではないだろうか。

 

働く人たちの9割は、いつも仕事を辞めたいと思っているはずである。

仕事は自分の生き方に深く関わってくる以上、よほど思考停止でもしていない限り、人間なら常に「今よりも良くしたい」という向上心、いや「向上欲」みたいなものを持っている。

仕事で悩む人が多いのも、人間のこういった性なのではないか。

 

つまり、言い換えるなら人間である以上「今よりももっと」と、いつも欲深くなってしまうのなら、どの仕事に就いても毎回「仕事辞めたい」という結論に至るはずである。

それでも、同じ仕事を生涯一筋で成し遂げる人が一定数存在するのは「稀少な天職に巡り会えた」か「人外な忍耐力」のどちらかによるものなのである。

人として並外れた忍耐力があるからこそ、仕事をコロコロ変えない人のほうが評価が高いのではないだろうか。

 

中途採用の面接で雇い主が望む、最も最大の条件は「仕事を辞めないこと」

これに尽きる。

雇い主としても、時間や金銭といったリソースを消費して天塩にかけて育て上げた人材に辞められてしまうのは大きな損害でもあるし、また面接をして雇い入れて、一からやり直すなんてことを何度も繰り返したくないと思うのは当然である。

だからこそ「転職回数の少ない人(忍耐力のある人)」が高く評価されて、望まれる人となるのである。

 

では、何度も転職しなくて済むためにはどうしたら良いのだろうか?

答えは簡単である。

転職回数を少なくして「忍耐力がある人」になれば良い。

 

転職回数を減らすためには、仕事を辞めたい理由を明確にすること。

でなければ、次に勤めた仕事でもまた同じ悩みで辞めたいと思うことになる。

人付き合いが苦手なら、なるべく人間と関わらない仕事を選ぶとか、じっとしているのが苦手なら、動ける仕事を選ぶとか。

 

今よりももっと良い環境に行きたいと思い続けるなら、せめて徐々に理想の環境に近づけていかないと、何度も同じミスを繰り返すだけである。

キララサポート介護 向いている人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です