行動計画は最低1週間単位でスケジュールは立てなさい

手帳に計画をかき込む方は多いですが、おちもそれは場当たり的な予定表ではないですか?
手帳でスケジュール管理をする時は俯瞰的な観点もすごく大事なんです。
今週はどんな計画が入っているのか?
そんな観点からある程度見通しが立っていれば
「今週は火曜日と水曜日が少しタイトな予定だから木曜日はできるだけ開けておいちゃ法がいいな」
なんていう計画が立てれます。
そんな余裕があればこそうまくプロジェクトが回っていきます。
なぜなら予定通りに順調にプロジェクトが進む方こそスクなデス方ね。
なんらかのアクシデントでプロジェクトが遅れて後の仕事に悪影響が出ることはよくあることです。
また、いつもいつも全力疾走しているようなスケジュール計画を立てるといつかこころとからだがひめいをあげてしまいうあmす。
頑張る時は一生懸命頑張る
でも、休める時は少しギアを落としてゆっくりとする。
そんなメリハリが結局は多くの仕事こなすコツでもあります。

もしかしたら毎日毎日その場限りのスケジュールを手帳に書き込んでいませんか?
できればマンスリーの月単位
それが無理なら最低でもウィークリーの週単位でスケジュールは組んで欲しものです。
一日単位でのスケジュール計画ではいつかその無理がどこかで大きな破綻を及ぼします。
ひとつの仕事の遅れが次の仕事や今の仕事をやっつけ仕事にして評価を下げることもあります。
ひとつひとつの仕事を着実にこなうsことこそ信用の蓄積になります。
信用は築くのは時間がかかりますが、信用を失うのはたった一度のミスで簡単になくなります。
それを防ぐ意味でも、ひうつひとつの仕事は着実にミスなくこなさないといいけないのです。

私もよく失敗するので大きなことは言えないのですが、予定通りにできることとは限らないのがビジネスです。
急な計画変更などはビジネスではよくあることで、その変更が次の仕事にも遅れを出してしまうものです。

週単位で予定を立てると、意外と何か仕事の遅れがありそうな時に備えて予備の時間を組み入れることが可能になります。
高齢者 見守り ネット環境なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です